マインド&テクノロジー 心と技術の融合

組合紹介

  • HOME »
  • 組合紹介
組合の概要
組 合 名 協同組合 高知機械工業団地
TEL088-846-1171 FAX088-846-1170
所 在 地 〒781-5101 高知市布師田3961番地
代 表 者 代表理事 山本 吾一(平成13年7月1日就任)
設立年月日 昭和47年1月26日
出 資 金 133,240千円(平成29年3月)
事務局員数 3名
組合員数 31社(平成29年3月)
団地従業員数 1,162名(平成29年3月)
用地面積 107,632平方メートル
総売上高 420億9百万円(平成28年度)
沿  革
昭和47年 1月 協同組合 高知機械工業団地の設立
初代理事長に久松潤一郎 太陽鐵工(株)社長が就任
昭和47年11月 布師田地区の開発について、地元調査及び各種法規制との調整を行い、
農地地区からの除外・市街化区域導入・工場適地の選定等を行う。
昭和56年11月 都市計画法に基づく開発許可を受ける。
昭和59年 用地造成工事及び都市計画法に基づく開発行為の完了。
昭和60年10月 検査完了。
昭和60年11月 高知県土地開発公社と組合との間で第一次用地売買契約締結。
昭和61年 2月 第一次組合員企業7社の工場完成。
昭和61年 8月 久松潤一郎理事長辞任し、山田通理事長就任。
昭和61年 9月 第二次組合員企業19社の工場完成。
昭和62年 1月 高知県土地開発公社と組合との間で第二次の用地売買契約締結。
昭和62年 3月 第三・四次組合員企業11社の工場及び組合会館完成。
平成 6年 3月 県道北部環状線拡幅に伴い、組合用地を売却。
平成 6年 9月 国道拡幅に伴い、組合用地を売却。
平成 7年 1月 県道北部環状線にかかる上記土地売却に伴い、高度化資金を繰上げ償還。
平成 7年 2月 上記土地売却に伴い、組合会館を建て替え7月完成。
平成 7年 8月 上記国道用地売却に伴い、高度化資金を繰上げ償還。
平成 7年12月 (有)エヌエス工業の跡地を、四国サッシ工業(株)が引受。
(株)村田機械の跡地を(株)垣内が引受。
平成 8年 1月 当組合が「中小企業庁長官表彰」を受賞
平成 8年 2月 四国サッシ工業(株)が太平産業(株)と合併し、太平産業(株)となる。
平成 9年 8月 日本セメント(株)布師田出荷基地操業開始。
平成10年 5月 団地を東西に結ぶ、あけぼの大橋開通。
平成11年 5月 豊永屋金物(株)の跡地をYKKAP(株)高知支店が引受。
平成13年 1月 高度化資金第一次土地分の償還を完了。
平成13年 4月 (株)高知桂商会が合併により、西日本三菱農機販売(株)高知支社となる。
平成13年 7月 山田通理事長が退任し、山本吾一理事長就任。
平成13年 9月 高度化資金第二次土地分の償還を完了。
平成13年10月 高度化資金完済に伴い、抵当権抹消、全社所有権移転を完了。
平成14年 3月 昭和62年度からの高度化事業完了。
平成14年11月 組合設立30周年(集団化16年)記念祝賀会を開催。
平成15年12月 柳生基礎センター(株)を正組合員として加入承認。
平成16年10月 藤本建設(株)が団地内に所有する工場を兼松エンジニアリング(株)に売却。
平成18年 6月 活性化委員会が長年の役割を終え、活動をマインテック・ユースに継承。
平成20年 7月 (株)葛目電機が平野電機(株)跡地を購入し組合員として加入。
平成20年10月 柳生基礎センター(株)が所有する不動産を(株)技研製作所に売却。
平成21年10月 大旺機械(株)が高須に新社屋を建設し本社、工場移転。
平成21年10月 当組合が「経済産業大臣表彰」を受賞
平成22年11月 YKKAP(株)が団地内に所有する土地建物を(株)太陽に売却
平成23年 3月 (株)垣内が工場移転により組合を脱退
平成23年10月 国道195号線あけぼの街道「布師田大橋」開通
平成26年 3月 (有)田村水道機器が事業を廃止し組合を脱退
平成26年 4月 (有)田村水道機器跡に日之出水道機器(株)が高知事務所を開設し組合員として加入
平成26年 8月 (有)池上鉄工所が出資金を(株)技研製作所に譲渡し組合を脱退
平成28年12月 (株)垣内が団地内に所有する不動産を(株)技研製作所に譲渡

 

カウンター

  • 19464総訪問者数:
  • 26今日の訪問者数:
PAGETOP
Copyright © 協同組合 高知機械工業団地 All Rights Reserved.
このホームページは全国中小企業団体中央会「平成21年度組合等Web構築支援事業」の助成を受けて開設いたしました。